finceの大脱走 七剣下天山 第四巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七剣下天山 第四巻

さんざんに弄られる楚昭南。

風火連城を挑発し、勝ちを収めるも、逃げ出せず。

果たしてどうなります事やら・・・。
由龍剣と楚昭南の力をどうしても手に入れたい親王の人は、楚昭南が緑珠に惚れていると見抜く。

由龍剣を手に入れ、楚昭南を毒殺すれば、自由と黄金を与えると持ちかけ、緑珠も承諾。

派手な立ち回りを演出し、二人に逃亡させる。
嫉妬する風火連城。

一夜の秘め事でメロメロになった楚昭南であったが、緑珠の匂い袋に毒が仕込まれている事に気付く。

由龍剣を取りにいく楚昭南。
水筒に匂い袋の中身を入れる緑珠。

水筒を楚昭南に手渡すも、一口飲んで「俺を殺す気か?」と緑珠に尋ねる。
そこへ、風火連城登場。

楚昭南を嘲り、緑珠にこちらに来るよう促します。

緑珠を問い詰めるマンチェク。
だが、緑珠は毒など入れてはいなかった。
疑われているのを承知で灰を入れたのだ。

かなりマンチェクに惚れていた緑珠。
由龍剣で自ら自刃します。

風火連城が飛び掛るも、一突きで仕留めるマンチェク。
「緑珠を信じられない、お前こそ人でなしだ!。」
と死に際の悪態を突かれ、ぶちギレたマンチェク。
風火連城を縦に引き裂き、周りの黒子達も一太刀で斬り捨てます。

貌郎達も駆けつけたのですが、マンチェクは息絶えた緑珠を抱えて去っていきます。


貌郎と志邦と郁芳と子供達は川を下って逃亡中。

ある町に辿り着き、ふとした事からあるお金持ちの家に厄介になります。

早く逃げ出したいにも拘わらず餓鬼の一人が熱を出します。
金が無いので薬を盗み出す貌郎と志邦。

郁芳が咎めます。
武侠ってそういう事は言わない約束では?。
変なとこ拘ってんなぁ。

華昭が苦い薬を無理矢理飲ませます。

最後に怪しげな車を押しながら、マンチェク登場。

風車が付いてます。

恐らくツイハークの人の悪乗りです。
子連れ狼+フランコネロ。

町で清兵に咎められ、一刀の元に斬り捨てます。


って感じで12話がお仕舞い。



結構長いのねぇ。

無理矢理伸ばした感が強いなぁ。

果たして原作のように楚昭南は清の側につくのか?。

ちょっぴり、元気な姿を見せた劉頭領と元英。

風先生と段延慶な辛龍子と楊二兄の行方は?。


ツイハークおぢさんはどこでオチをつけるつもりなのか、興味津々であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー