finceの大脱走 七剣下天山 第九巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七剣下天山 第九巻

風雲急を告げる状況。

七剣士達の運命や如何に?!。

襲撃を撃退し、逃げる風先生&辛龍子&元英。

桃の花を見て、立ち止まり辛い記憶が蘇り我を忘れる辛龍子。

ごたごたしていると、そこへ赤子を抱えた若い男が。

清兵に追われていた為、七剣士が撃退。

取り敢えず近場に隠れます。

事情を聞くと、若い男は反清活動をしていたが部隊が壊滅し、妻子を連れて逃亡中に清兵に囚われた。

妻が嘗て有名な名妓だった為、妻を朝廷に連れ去られてしまったのだ。

武術もできない為、妻の救出も逃走も儘ならなかったのだ。

親子を連れて行く事にした七剣士。

その頃、男の妻・小宛は皇宮に囚われていた。
捕えたのは傲龍の部下で、小宛を皇帝に献上して気を引かせて噂を流し、皇太后を怒らせて最終的に皇帝を退位に追い込む腹積もりだったのだ。

傲龍の出させた偽の手紙にひっかかり、小宛に面会する皇帝。
小宛は皇帝に激しい憎悪をぶつける。

何かあると感じた皇帝は、食事を拒み続ける小宛を外部の医者に診せよと侍従に命令する。

その頃都の中を逃げる三人+親子。
清兵の見回りに隠れます。

上手くやり過ごして更に移動。

そこで元英が、紅鎗会の残した暗号の手がかりを見つけて紅鎗会の生き残りを発見。

傲龍の謀反の企みを伝えて、親王暗殺の計画を立てます。

襲撃に備えて剣の稽古を積む元英。

翌朝、皇帝の侍従が紅鎗会の生き残り・魯を訪ねてくる。
魯の医術の腕前を見込んで小宛の診察を依頼してきたのだ。

その頃、七剣士達は親王襲撃の為の待ち伏せ中。
石灰をぶちまけて奇襲は成功するも、親王には逃げられて風先生が後を追う。

兵士を片付けて後を追う二人。

実は囮だった親王。
親王の師父が待ち伏せてました。
丁々発止の遣り取りの後戦闘開始。

中々の剛者で風先生も勝てません。
小屋を壊したりしますが、決着はつかず。
勝負はお預けとなりました。

その頃魯医師は小宛の診察をしていた。
皇帝が訪ねてくるも、やんわりと追い払う。
赤子の名を呼んだ事から、旦那と子供の存在に気付いた魯医師。
事情を説明し、父娘が無事である事を伝えます。

風先生と元英は桃並木で見失った辛龍子を探していた。
不安になる風先生。

その頃、親王は自軍を率いて皇宮に入場しようとしていた。
入り口で火花を散らす親王と傲龍。
抗争の結末や如何に?!。



入場する親王。

その頃、魯医師は診察を終え、皇帝に面会。
引き続き、治療が必要と勧める魯医師。
納得する皇帝。

他の重臣達と皇帝の退位を企む傲龍。
親王を皇宮に入れたのも計算のうちのようです。

親王は側近達と今後について対策会議。

その頃、元英は一人で剣の稽古。
風先生も来ましたが、辛龍子の行方は解りません。
元英は辛龍子に貰った本に手がかりがある事を発見します。

その頃、魯医師が戻り、小宛の件について話します。
結局、親王の暗殺は失敗した為、今度は皇宮に潜入して皇帝暗殺を計画します。
元英もついて行くと言い張りますが、風先生に辛龍子を探すよう諭されます。

その頃、生きる希望を見出した小宛のところに皇帝が訪問。
薬を飲ませようとして拒絶されます。
開き直った皇帝。
小宛を手篭めにしようとします。
弱い癖に最低です。
結局、諦めますが・・・。

その夜、側室と寝るのを拒否した皇帝のもとへ皇太后が・・・。
傲龍の企みを知り、皇帝に妃制度の廃止を思いとどまるように言う皇太后。
小宛にご執心の件を問われ、その件も傲龍の企みである事を伝える皇太后。
噂の収拾には小宛の処刑しかないと言う皇太后。
皇帝は拒否するも、よく考えるよう言って去る皇太后。

小宛に会いに行く皇帝。
満人と漢人の共存を語る皇帝。

魯医師を朝一で呼び、彼女を逃がすようにする皇帝。
親王とも繋ぎをとります。

親王は師父と相談中。
紅鎗会と皇宮内の争いについてです。
師父は傲龍に味方した方がイイと進言しますが、親王は納得できない様子。

その頃、魯医師と漢方医に化けた風先生が小宛のもとへ。
見舞いに来た皇帝を手中に収めます。
皇帝が小宛を逃がすつもりだったと知り愕然とする一同。

傲龍が皇宮を包囲し、小宛を殺せと息巻きます。

皇帝を放した風先生。
抜け道から逃げます。


皇帝に退位を迫る傲龍。

そこへ親王が駆けつけます。
謀反人を取り押さえよと、皇帝は命令しますが親王は妃制度廃止に関しては中立であると宣言。

絶望し、自害しようとする皇帝。

その時、風先生が皇帝を人質にとる形で連れ去ります。

追おうとするのを制する傲龍。

退位宣言書を示し、皇帝は死んだも同然と言い放ちます。
退位宣言書を手に取り目を通す親王。
ある箇所が間違っていると傲龍に手渡します。

その頃、風先生達は皇宮を包囲している傲龍の軍と激闘の最中。

退位宣言書に気を取られている傲龍を押さえつけ、親王が一突き。
納蘭将軍その他も手伝って、傲龍を誅殺します。
剣を抜く兵士達に傲龍を成敗した手柄はお前達のものだと言って宥める親王。
退位宣言書の通りに第三皇子を皇帝に擁立する事を宣言する。
先帝はすっかり崩御した事にして、殺害して遺体を盗んだのは風先生だと宣言する親王。
いやぁ、アンタ策士ねぇ。

その頃逃走中の風先生。
ヘタレ皇帝も連れて逃げる羽目に。

抜け道へ逃がし、一人で敵を引き受ける風先生。
ウェスタンなBGMで暴れまくる風先生。

その頃、小宛の旦那・冒は瀕死の重傷を負っていた。

抜け道を抜けた小宛も清兵に撃たれ、今まさに息絶えようとしている。
愛娘の幻覚を見る小宛。
そして事切れた。

茫然自失となる先帝。

皇太后の眼前で辮髪を切り捨てる先帝。
そして自らの足で皇宮を出て行こうとする。
不肖のわが子を悲しげに見る皇太后・・・。

風先生の安否や如何に?!。




少年皇帝・康熙帝が即位し、親王は婚礼を控え浮かれ気味。
だが、七剣士に対する警戒だけは怠っていなかった。
婚礼が襲撃の時と定め一網打尽にする計画を立てていたのだ。

木枯らしの吹きすさぶ中、一人の男が杭州の宿に現れる。
直後にフードを被った女が男の部屋に踏み込む。
だが、男は部屋に居なかった。

部屋を抜け出た男は別の宿屋へ。

宿屋の番頭と下男は、凄腕の客ばかりだと囁きあう。

果たして男は楊二兄だった。
追ってきた女は飛紅巾だった。

親王暗殺を察知した飛紅巾は後を追ってきたのだ。


その時、清軍の宿改めが。
皆殺しを提案する飛紅巾だったが、計画遂行の為やり過ごそうと諫める楊二兄。
床を切り開き、剣を隠す楊二兄。

辮髪にしていない事を理由に逮捕される客が出る中、楊二兄の部屋では飛紅巾が髭を着けて男装の麗人って事でやり過す。

飛紅巾の部屋では本人がベールを被ってやり過ごす。
嫌な思いをさせて済まないと謝る楊二兄にビンタを食らわす飛紅巾。

別な怪しい客と見て清兵が踏み込むも、実は親王の側近で隠密行動の最中と解り、平謝り。

作戦を練る楊二兄と飛紅巾。
仲間と合流した方が良いと提案する楊二兄。

その頃隠密達は宿屋の調べを進めていた。
楊二兄の筆跡を見破り、カマをかける隠密。
清兵と戦う義勇の士を装い、探りを入れる隠密に止血用のタバコを渡す楊二兄。
見破られたらしいと話す楊二兄。

帰って行った清兵だったが、飛紅巾の一人二役に気付き、引き換えしてくる。

隠密・程が腕を試そうと再度訪問してくる。
酒に誘われ、仕方なく付き合う楊二兄。
互いに腹を探り合う。

程は反乱に参加しないかと持ちかけるもやんわり拒否。
今度は七剣士の話題でカマをかける程。
親王が結婚するのが、明慧と知って愕然とする楊二兄。

更にカマをかけられた為、見かねた飛紅巾が恋人と偽って闖入。
程の前でイチャイチャします。
上手い事言って隠密から逃げる事に成功。

しかし、飛紅巾と並んで寝る事に。
疑いつつも、程は引き下がります。

飛紅巾に礼を言いつつも、やはり砂漠に帰るべきだと話す楊二兄。
拒否する飛紅巾。
砂漠で、族長に飛紅巾が居る限り戦いは終わらないと言われていたのだ。
そこで砂漠を出て親王を追いかけていたのだ。

その頃、清兵達が戻ってきて、楊二兄の部屋に踏み込むも失敗。

剃髪された男の自殺を止めるも、宿屋にはヘンテコ師匠・斎真君が。
隠密達に悪態をつかれます。

横暴な振る舞いで部屋に案内させる斎真君。
隠密達と一触即発の危機に。
引き下がる程。

楊二兄と飛紅巾と行き違うも不敵に笑い、歯牙にもかけぬ斎真君。

楊二兄は隠密・程の誘いにのると話ます。

隠密達も、斎真君は素性が怪しいと勝手に推測。

楊二兄と飛紅巾も、敵の勝手な邪推を利用しようとたくらみます。


果たして、緊迫の杭州の宿屋。
嵐の夜に何が起きるのか!!。




ちなみに、小宛を攫ってきた役人は、ドラマ版書剣恩仇録で童兆和をやってた人ですた。
髭が無かったので最初あれ?と思いましたが。

益々、ストーリーが佳境に入ってきましたな。


ちなみに、本来の七剣下天山では帝位を追われた順治帝がある寺で出家しており、康熙帝が毎年参詣に来ている件があります。
中々に康熙帝は外道な皇帝で、言う事を聞かない先帝を殺して、その罪を七剣士達に着せたりします。


梁羽生先生が「後40話作るんだよね?」という気持ちは解ります。
ツイハークおぢさんの解釈は自由すぎますから。
金庸先生なら、現場に介入しそうな位ね。
せめてケツだけはしっかり持って頂きたい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー