finceの大脱走 piper 「スリーテナーズ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

piper 「スリーテナーズ」

連休の谷間。
妙に仕事が暇だったので、舞台の映像を鑑賞。

一人で笑い転げてました。
おいらの大好きな後藤ひろひとさんが脚本・演出の舞台。

タイトルのスリーテナーズとは、それまで一度も邸の外に出た事の無い、45歳を頭とした三人兄弟のお話。
母親が死に、執事の熊野前は主人の遺言を実行する為に求人広告を打つ。
「二人の男の子を連れて、大阪で一人の男の子を探し出して博多まで連れて行けば、200万円の報酬を払う。」

広告を見た詐欺師二人組が訪ねて来る。
ぼろ儲けが出来るとほくそ笑んだのも束の間、子供達と言うのが自分達よりも年上で、今まで一度も外に出た事が無い、聞いて愕然とする。
子供達は三人おり、一人は家を飛び出して大阪にいるという。
しかも、自分達ではない「兵頭」なる男が依頼を受ける筈であると知り、残金100万円をせしめる為に兵頭に成りすまして、子供達を送る為に旅立った・・・。

トンだ珍道中の連続で抱腹絶倒であります。

主人の遺言の執行に命を賭ける忠実な執事・熊野前。

変な知識はあるものの、全く役立たずの長男・サヘイ。

自由を求めて飛び出した次男・キンゴロウ。

まるで子供だが、怒ると凶暴になる三男・シゲゾウ。


何かを知っていて、執拗に兄弟と詐欺師を追い続ける怪しい男・兵頭。

三男の許婚で、ぶっとんだお嬢様・レイコ。

これらに振り回される詐欺師のコンビ・ジュンジとアヤカ。


コン・ゲームであり、ロードムービーであり、自分探しの旅であるという一粒で三度美味しい作品です。

おいらの大好きな楠見薫さんや大路恵美さんなど、女優陣は二人だけでしたが、非常に面白かった。
大路恵美さん演ずる「レイコ」のぶっ飛び方も半端じゃなかったなぁ。

勿論piperメンバーでスガサターンさんの大好きな僧正こと山内圭哉さんも、凶暴ながら心優しい一面も持つ三男・シゲゾウを好演してますた。


関西系小劇場の人達はすげぇ。
改めて認識させられる一本でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー