finceの大脱走 押井週間その2 パトレイバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押井週間その2 パトレイバー

アニメ界ではメディアミックスの先駆けとして漫画・OVA・映画・テレビに幅広く展開し、一時代を築いたといえる作品群。


まぁ、スタッフの中では色々あったようで。

押井氏本人は、「やる事やったから、一番印象が薄い。」との事。


個人的には、当時ゆうきまさみの連載をぼんやり読んでいたくらいの記憶しかなく、映画やOVAにもさして興味は無かったかの。


明らかに、アニメは原画やキャラデザによって絵面が変わる。

パトは特に作り手の誰が主導権を持っているかによって全くお話が変わる。

映画は特に1→2に行くに従って押井色が濃厚になる。

それとは反対に、OVAと映画に対する反発からテレビシリーズはアクションロボットアニメとしての様相を深めていく。

昔はどっちもパトレイバーであったが。

今では明らかに異質の作品だと感じる。

ま、どちらも面白ければそれでいいわけだが。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー