finceの大脱走 ライブラリアン1・2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブラリアン1・2

予告編が面白そうだったのでWOWOWで録画して見てみました。


中々面白い作品でありました。

特殊効果がチープなのはおいといても、純粋なエンターテイメントとして楽しむには良い作品である。

もちろんエロもグロも無いでのよい子にも安心して見せることができる。


主人公は30過ぎても大学に居座り続けるおっさん。
知識と洞察力は半端じゃないが、社会経験は0。

母親は息子を心配して手当たり次第に見合い話を持ってくる。

ある日、歴史学の教授にゼミでのクビを言い渡された主人公。

職探しを始めると、ある日不思議な手紙を受け取る。

それは図書館の司書採用の面接試験への「招待状」だった。

早速出かけるが、怪しい雲行き。

意地悪そうな面接官のおばさんが言うには自分だけの特技を見せろ、という。

特技で面接官を驚愕させた主人公は、早速見習いとして採用されたのだが、採用初日から世界の存亡に関わる「任務」に図らずも巻き込まれる事に・・・。



どちらかと言えばインディ系のアクションアドベンチャー。

しかし、肉体派ヒーローが多いアドベンチャーに比べると世間知らずの勉強オタクが主人公という点が異色。

かといって頭が切れ過ぎるわけでもなく、世間知らず故に騙されることも多々。


ERで出演していたノアワイリーが主演。

1・2に登場するのも全く違うタイプのヒロイン。

1では悪の組織につけ狙われる主人公の護衛として登場のツンデレ系格闘女。
過去に主人公と同じ司書だった恋人を守れなかった事を悔やみ続けている。
残念な事に2には登場しません。

2では主人公が探すアイテムが眠る遺跡を発掘中の考古学者。
こちらはインテリ系ツンデレです。
1は結構ラブラブなエンディングでしたが、今回はちょっぴりほろ苦め。
名作カサブランカをちょこっとおちょくってました。


登場人物である意味「武侠」的キャラなのが図書館長である。

かなりミステリアスな人物。
元海兵隊員で元司書。
老人だが時には肉弾戦もこなし、主人公を教え導く(かなりひねくれてはいるが)存在である。

どうなのかな。
DVDは出てるのかな。

出てたら借りて見てみてはどうだろう。

あまり考えずに見ることが出来、家族で楽しめる映画だと思うぞ。

日本では今図書館といえば図書館戦争だが、こちらもオススメ。
これを見たアメリカの子供達が司書になりたがったとしても無理からぬ事。


最近見た中では単純にオススメ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー