finceの大脱走 古龍著 楚留香 蝙蝠伝奇 到着!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古龍著 楚留香 蝙蝠伝奇 到着!

今日の午後七時前、我が家のおバカ大師兄から紙切れを手渡された。

不在通知か・・・。

田舎ゆえ、午後八時までしか窓口に人が居ない為、慌てて車で郵便局の本局まで取りに行く羽目に・・・。

私は、常々暇な時間がある時には「古龍本」の探索を心がけている。

金庸作品読了後に備えての作業でもある。

個人的には、「白髪魔女伝」「塞外奇侠伝」(梁羽生原作)が翻訳される事を望んでいるのだが・・・。

だが、個人的には中・高と読んできた菊池秀行の匂い漂う古龍の作品がかなり好きである。
「多情剣客無情剣」も良い作品だった。
現在、「多情剣客無情剣」が在庫がある事を除けば、他の翻訳版は全て絶版である。

そこで例によって、例の如く、オークションでの探索を行っていたのだ。

「歓楽英雄」「楚留香」等々数回見ていたが、金額やタイミングの問題等で中々落札できずにいた。

ここ3ヶ月程は、怪しいVCDくらいで古龍関連の出品は全く無かった。

だが、先日の件で「アマゾンその他に無いモノが紀伊国屋にあった」といった点を踏まえて、他のサイトへの探索の網を広げたのだ。

古書専門のサイトであたるも、殆ど無いか、あっても複数巻あるものの一冊だけしか無い、とかであった。

だが、楽天フリマで、「楚留香 上中下セット」なるものが出ていたのだ!!。

くっ。
足元見やがって「3500円」である。
だが、その他の出品でも単品で千円以上である。
手間暇を考えると、纏めて手に入るのは嬉しい。
偶々、手元にある予算で問題は無い。

えぇ~いっ!!買ってしまえ!!!!。

という事で、初めての取引ながら愛媛県の本屋に発注。

翌日の夜にその古書店からメールが来る。
ネット銀行の口座に翌日入金。

初めての取引ゆえ、不安が募る・・・。
翌日には一応確認の為にメールを入れた。

休みを挟んだ為、今日まで待って再度催促メールを入れようと思っていたのだ。

郵便局の窓口で受け取ると、「小さい」。
文庫版か・・・。

どうも、二編の楚留香作品を一つに纏めて上中下の三巻で出版したようである。

翻訳は岡崎先生の「師妹」土屋文子先生である。

明日から読む本が出来て良かった・・・。

でも多分、この分量だと二日もつかどうか??。

今後も、古龍作品の探索は続けて行きたいと思う。
辺城浪士なんか読みたいねぇ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2ブログランキング アフィリエイト・SEO対策 FC2クチコミ広告 FC2プロフ FC2動画 旅ポケドットコム FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー